FXトレーダー増加の背景としての税制改革

最近はFXトレードを行う投資家が非常に増えました。この背景にあるものは一体何なのでしょうか?ここにその1つの理由を紹介します。
FXトレードを経験された方の中には、税金が高いとお嘆きの方も多くいらっしゃったことでしょう。しかし以前と違い、今は、店頭FXの税率が、なんと一律20%まで引き下げられているのです。これは投資家にとってはまさに太陽が西から昇るくらい大きな変革であったといえます。というのは、従来、店頭FXの場合、税率は約40~50%ほどの税率がかけらていました。投資家にとってみれば、せっかくトレードで得た利益もこの高い税率のおかげで投資のうまみを大幅に奪い取られていたようなものでしたから。
ところでFXトレードは店頭FXだけではありません。ほかにも取引所FXというのがあります。店頭FXは、FXトレード全体の90%を占めていて、トレーダーとFX事業者が直接取引するものです。一方、取引所FXというのは、トレーダーは金融先物取引所とトレードすることになるのです。これは税率が従来から20%となっていました。つまり店頭FXの税率が一律に20%に引き下げられたことによって、両者の税率が同じになったということなのです。
店頭FXでは従来、総合課税方式が採用されていたために全ての所得が課税対象となっていました。そのため、給与所得の大きい投資家の場合、店頭FXによって得た利益によって税率が一気にアップして、高い場合には50%にも達する税率で悩んでいた人も多かったのです。
一方取引所FXの場合は、申告分離課税方式をとっており、個別に課税するというやり方でした。
従って店頭FXも一律に20%に税率が引き下げられたことによって、投資家が、非常に重かった税負担から逃れられるようになったのです。
このように、近年、FXトレードを行う投資家が爆発的に増加した背景には、このような税制改革があったのです。
いかがですか?皆さんも一度FXトレードでちょっとした小遣いを稼いでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>