ブレイクアウトの勝率を高めるには

FX取引で成功するにはエントリーポイントを見極めることがとても大切です。よくFX本に手法が解説されており、本に書いてあった手法を真似たけど勝てなかったという声も聞きます。

例えばどんな本にも紹介されているトレンドラインを使ったブレイクです。トレンドラインブレイクはどのトレンドラインブレイクでエントリーしていいわけではなく、見極める必要があります。

例えば、高値付近で揉みあっていてトレンドラインをブレイクしたので買いポジションを持っても少し上げてまた下がってしまう場合がほとんどです。

一番難しいのはこのような見極めだと思います。すべてのトレンドラインブレイクでポジションを持っていたらいずれマイナスになっているのが分かります。

私も初心者の頃はほとんどのブレイクアウトやダウンでポジションを持っていてなかなか勝つことは出来ませんでしたが、RCIと組み合わせるようになってから少しはダマシを防げるようになりました。

9日、26日、52日のRCIが底から右肩上がりになっている時にトレンドラインをブレイクした時は高い確率で勝てます。また、ピポットも参考になります。ピポットのS2やS1のあたりでトレンドラインをブレイクした時も成功しやすようで、私の経験からですが、中途半端な価格のトレンドラインブレイクだとダマシにあいやすいです。

私が負けが続いてた時は中途半端な価格でエントリーしている時ばかりで、こういった失敗はすぐに忘れてしまうのでちゃんと記録を残しておくことが大切だと思いました。

それから、ブレイクアウトは向いている通貨ペアとそうでない通貨ペアがあります。私の経験からですが、一日の値動きの小さいドル円はブレイクアウトに向いていない感じがしました。どちらかというとユーロドルやユーロ円、ポンド円など値動きが大きい通貨ペアが利益を狙いやすいです。

また、ブレイクアウトは損切り幅をブレイクダウンの数pips下に入れることで少なく抑えられ、損小利大を目指せるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>