FXにおけるリスクマネジメント

 FXについては、さまざまな雑誌や専門書の中で「儲かる」「確実」などと歌われることが多くなっていますが、実際にそんなにメリットばかりを享受できるわけではありません。

 FXをはじめとして、アベノミクス政策のスタートともに、さまざまな投資商品が誕生し、それぞれの商品においてメリットばかりが強調されています。実際には投資商品ですから、メリットだけではなくもちろんリスクがあります。例えば、いきなり日本の通貨価値が暴落したり、911のように世界的に影響を与える出来事があれば、それに伴って経済が混乱を招く場合があります。投資商品というのはそれらの出来事に対して敏感に根が動くこともあり、さまざまな事柄においてリスクがあることは間違いないのですから。

 FXで投資をするにあたっては、さまざまな出来事があろうとなかろうと、損得の見切りをしっかりできたり、不毛な取引に事故資産をむやみに突っ込まないために、自分の物差しをしっかり持つことです。周りが浮かれているような状態であっても、踊らされることなく取引を行うことで、自身に掛かるリスクを軽減することができることをしっかり認識してほしいです。

 つまり、自分自身に投資のルールを課して、それを忠実に守ることが必要なのです。自分の投資ルールを決める基準にはいろいろありますが、例えば投資期間、市況の投資判断、そして投資通貨の状況を踏まえることが投資のルールとしては最適でしょう。その他、インターネットの情報サイトや専門誌、専門家のレポートなど、有益な情報を勤めて仕入れることも、リスクマネジメントの一環として有用です。

 特にFXの場合は、短期の資産運用をして、キャピタルゲイン(売買益)で儲けるようにする取引が一般です。そのため、リアルタイムに為替相場をにらみながら、こまめに取引を積み重ねる事が多いので、自分だけの判断で取引を行うとリスクも当然大きくなります。投資は自己責任が原則。最後に決めるのは自分であることも忘れないでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>