長い取引時間が魅力のFX

FXの魅力の1つに長い取引時間があります。基本的に月曜日の朝7時に始まり、土曜の朝7時まで取引が行われています。ただし、各FX会社によって定期的にメンテナンスに要する時間が定められているので、利用をする会社の取引の詳細を熟読する事が必要となります。

株の取引きならば午前9時にスタートをして、午前11時30分で一旦閉まり、午後は12時30分から再開して3時で終了をします。その後先物取引も行われるという事ですが、通常の取引時間はこのような時間になっています。普段会社勤めをされている方ですと、株式投資の場合には昼休みにスマートフォンや会社のパソコン等でトレードをする事も出来ますが、それ程長い時間を取る事が出来ない為に中途半端になってしまう事も多いでしょう。

それに反してFX取引は、基本的に24時間投資が可能となっています。帰宅後でも取引をする事が出来るので儲けるチャンスはいくらでもあると言えます。金曜日の夜等は翌朝7時まで通して取引をする事も出来ます。米ドルでの取引を行う場合は、ニューヨークの市場が開いている時間が最も盛んな取引が行われている時間帯と言えます。その時間とは、日本時間で午後9時から翌朝7時という事で、サラリーマンの方が帰宅後に始めるにはもってこいの時間帯と言えます。また経済指標等の発表もアメリカの場合は午後9時から11時頃となっているので、その発表を受けて市場が大きく動く可能性もあります。

米ドルの取引を行うには、日中よりもむしろ夜間の方が効率的に稼げるチャンスが多いという事が言えると思います。その点からも仕事をしながらFX投資を行う事は可能と言えるでしょう。副業としてFXを始める方も多いようですが、いつしか本業よりも収入が多くなっているという方もいるようです。効率良く稼ぐ為のコツはチャートの読み取りが出来る事は勿論ですが、その他にも一定のルールが存在しているようです。インターネットや書籍などでそのテクニックを学ぶ事も可能となっているので、取引に際して十分に勉強をする事が必要不可欠と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>