FXのリスク管理の基本

FXにはリスクがあります。
それは大損をするリスクが有名です。

FXが取引の性質上自分が持っている額以上の取引が出来てしまいますからFXを知らない人が聞くと不思議な話かもしれませんが自分持っている額以上の損を出すのです。
ですから、その辺が怖くてFXを嫌っている人もいますがもちろんその損失が利益になることもあるので一概に「リスクがあるからFXをするな」とは言えません。

金融の世界にリスクは付き物です。
リスクこそが利益の裏返しであり、そのリスクをうまくコントロールすることが金融の世界で生きていくための重要なスキルとも言えます。

FXをやる上で必要なリスク管理とはどのようなものでしょうか。
一番簡単なものがレバレッジを抑制することです。
日本のFX会社ならば最高で25倍のレバレッジをかけることが出来ますが海外のFX会社ならば500倍以上のレバレッジをかけることもできてしまうのです。
レバレッジはFX最大の魅力であり、それでいてリスクの根源でもありますからこのレバレッジを管理することが、もっと言えば管理できるレベルのレバレッジをかけることがFXでリスク管理をする最も基本的な考え方です。

初心者が良くやるミスは安易に高レバレッジにすることです。
例えば手元に10万円ほどしかないのに25倍のレバレッジをかけると例えば世界的な為替変動に伴いあっという間にマイナスになります。
通貨によっては4円~6円程度下がると証拠金不足になります。
為替介入があるとこれくらいは簡単になくなりますから、絶対ないと思い込む方が危険です。

初心者にとって目の前でお金が簡単に増えていく様はやはり気分が良いものです。
その気持ちが分からないわけではありませんが、それ以上にお金が無くなるということをもう少し自覚していく必要もあります。
人は都合が良いものを勝手に解釈してしまいがちですが、冷静になって金額が増えていくスピードと同じように損失も膨らんでいく可能性があることを理解することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>