FXのスプレッドは固定で行く。

FXにはスプレッドと言う重要な物があります。簡単に言えば手数料みたいなモノですが、実際の利益に
直結する要素なので外すことが出来ません。広い狭い色々とありますが、大きく分けると変動と固定に
別れます。

金利のようなもので、変動の場合は市場などの状況によって変動するスプレッド、そう言った変化が無く
常に固定されているスプレッドの2つです。良い悪いがありますが、基本的には固定の会社を選ぶのが
良いと考えられます。

理由は複数ありますが、スプレッドは手数料だと言う所です。スプレッドはFXの会社が自由に設定する事が
出来ます。その為変動している時はFX会社の思惑が入りやすいんですよね。本来は市場のちょっとした歪みを
緩和させるためのスプレッドな訳ですが、実質手数料になってしまっている現在では、変動だと取引して
いる側が被害を受けやすくなってしまいます。それもそうと分かりにくい形で。

そういうのもあって、今はスプレッドのかなり狭い会社が多くなっています。スプレッドが変動し過ぎては
その都度計算も必要になりますから、ちょっとぐらいの差であるなら固定スプレッドの方がメリットが
あります。

市場の状況が良いと狭くなり、荒れてしまうと広くなる性格の強いスプレッドは、ある意味で固定費として
決めてしまいましょう。出来る限り関係のない物は固定してしまって、重要な部分に容量を回すのが勝率に
も繋がっていきます。

通貨のペアでも変わって来ますから、頻繁に取引する通貨のスプレッドが狭いモノを選ぶのも方法の一つ
です。スプレッドはゼロにする事も出来ると言われていて、未来では無くなる可能性もあります。会社に
とっては困りますが、取引する方にとっては有り難い話です。税金云々の部分でも?と思う所があります
からね。

細かな計算を逐一しない人ほどスプレッドは固定した方が良いでしょう。スプレッド計算待ちでタイミングを
逃したりしては目も当てられません。それぞれ会社には特徴があり、絶対に固定とも言い切れませんが、
2択3択で迷った時は固定の方を選ぶのが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>