FXの口座開設の簡単さ

以前は審査の厳しいネット証券でした。
勤務先に電話がかかってきて年収まで聞かれたこともあります。

ところが今では様変わりしています。
今ではCFDをはじめ、FXやバイナリーオプションが最も加熱している市場なので、
審査は無しに等しいような感じです。
最大手のGMOクリック証券をはじめ、ほとんどの証券会社は
「とにかく口座を開設してください」という感じで、
紹介制度をはじめ、一か月の取引数が10万通貨を超えたらキャッシュバックなど、
とにかく、審査よりも、早く口座を作らせて儲けようというFX業界なのでしょう。

9割の初心者が損をするといわれていますが、
残りの1割はその9割の損失分を利益にするということになります。
そんな適当な市場なので、あまり証券会社は関与する必要もないということで、
スプレッドだけで十分な収益を挙げることができるのです。

というわけで、FX会社の口座開設は簡単になっています。
余剰資金さえあれば、就職していなくても、専業主婦でも口座を作ることができます。
スプレッド原則固定ということを売りポイントにしながら、
変動させることは自由ということはあまり書かれていません。

なので、誰でも少しの資金があれば口座開設をすることができます。
以前は余剰資金が○○円以上、年収○○円以上という規定もありましたが、
今では、実質的に無関係で、収入のないニートまで「FXで生活していけるんだ」と、
それが、あたかも収入源のごとく豪語していたりしますが、
結局、口座に入金し続けるということも多いようです。

監督機関はどこだったか忘れましたが、
以前のように、口座開設の際は10万円以上の入金が必要。
とか、十分なリスクの説明が必要といういろいろな条件があったようです。
年収や、生活余剰金の確認等、の厳しい規定もあったと思うのですが、
今ではどうなっているのか不明です。
生活保護を受けていても、要領よくやればFXの口座開設が可能となっている現状は
少し困ったこともありますが、

儲ける機会が誰にでもあるという意味ではいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>